子育て中の尽きない不安…原因は「私自身」を見失っていたこと!

子育て。

それは予測不可能な出来事の連続です。
子どもを育てることは、並大抵の精神的、肉体的疲労、負担がかかる、すごいことです。

誰が、頭から牛乳をかぶることを想像できますか。
洗濯物を、全部箱から出して、自分が入って遊ぶ。

確かにかわいい光景ですが、母にはたまったものではありません。
これがこの先毎日続くのか、と思うと疲弊してしまいます。

私は子どもたちをキチンと見ていけるのか、育てていけるのかと不安でいっぱいです。

その原因と向き合い、解消していけるか、悩んでいた時期の体験を赤裸々に書かせていただきます。

子育てイライラ、負のスパイラル、自己嫌悪…

全てが自分のペースではないのが当たり前
そんなことはわかりきっているのに、なかなか割り切れず、ものすごくイライラしてしまいます。

どうにかこの家事だけは、ご飯前までに終わらせたい。
せめてここだけはキレイに掃除したい。
でも、達成できる確率はほぼ10%くらい。

必ずといっても良いほど、トラブルが起きてしまいます。
うまく進まない、するとイライラする。

イライラするともっと進まない。全てにイライラする。
そして自己嫌悪という負のスパイラルに陥ります。

子どもに当たってはいけない。
その気持ちはもちろんあるので、クッションに思いっきり叫んだり床をゲンコツしたり。

自分の手が腫れてしまったこともあります。

なんで自分をコントロールできないのだろう。
子育ては向いてないんじゃないか。

そう思い始めると涙は止まらなくなり、どんどん自己嫌悪の泥沼にはまっていきます。

誰か助けて欲しい!
そう思い、どうにかSOSを発しました。

その相手は実母です。

しかし、このことから、さらに泥沼にはまっていってしまったのです。

実母への子育て相談で余計にイライラ悪化!

私はまだ母親になりきれていない。
子どものままなのではと思い、実母に相談しました。

けれど話していても、全く解消しません。
それどころか、どんどんイライラが悪化してしまいました。

私の意見には全部否定から入られる。
と思ったら、「私はあなたの味方だから」と言う。

「無理しないでね。」と言いながら、どんどんと、母自身の相談や愚痴を話されます。
言っていることと、やってくることが矛盾しているのです。

毎日実母からのLINE、電話、そして週1回以上の訪問。
それが毎日数十件以上です。

相談にたどり着く前に、実家での愚痴や仕事での愚痴を一方的に聞かされ、疲れ切ってしまいます。

結局余計にイライラしてしまい、まったく自分のストレスが解消できません。

そして、私がこんなに不安な気持ちになる理由に気がつきました。

私は小さい頃、コロコロ変わる母の態度にずっと不安な気持ちを抱えていました。
そんな母の態度にどうすれば良いのかわからなかったこと。

また、上の子の妊娠が発覚し、結婚する事が決まった時に、すぐに意見が変わった事などを思い出し、何も言えなくなりました。

そして私は、誰に助けを求めて良いのかわからなくなってしまいました。

色々曲がりくねって、ようやくたどり着いたのは近所のカフェ。

そこは私にとって、心のオアシスでした。

ついに子育てのイライラ解消!「私自身」を見てくれている人がいた

私はどうにかしてイライラ解消出来ないか。
子育てから少し離れて、息を抜ける場所はないのか。

そう思いながら、家の近所を子どもを連れて散歩をしていた時、ようやくこのカフェを見つけることができました。

とても美人で(笑)優しい女性が声をかけてくれたのです。
ずっと気になっていたカフェでした。
救世主、女神様降臨です。

私にとっては、それほど大きな存在になりました。

久しぶりに「ママ」ではなく、「名前」で呼んでもらえた時、とても嬉しかったです。

まだ「私自身」を見てくれる人がいたんだと思いました。

イライラしてどうにもならない時、私はそこに逃げ込みます。

はたして、それが正しい選択なのかはわかりません。

しかし私にはこれが、最良の選択でした。

ほんの少し自分の時間を持つだけで、こんなにも変わるのかと驚きました。

子どもとの接する時間も少し楽になり、イライラして自分を傷つけることも少しずつ減りました。
息を抜くことの大切さを知りました。

メンテナンスをさぼると、その分シワ寄せが子どもにいってしまうかもしれません。

適度にイライラを解消できる場所、落ち着ける時間を作ることがとても大切です。

子育ては不安がいっぱい!

でもママは自分を大切にして!

育児中、大切にしたい“心の持ち方”

一人で悩むのって、とても辛いし、終わりが見えない。
怖いですよね。

原因なんて一つじゃないですし、一つ解決したところですぐに次の問題が発生する。

子どもだって十人十色。子育てに正解なんてないです。

だけどね。大丈夫です。
必ず受け入れてくれる場所があります

それが人でも、ゲームでも、ネットでも良いのです。

少しでも息を抜ける瞬間を見つけることができれば、大丈夫と言えるようになります。

ただこれだけは言わせてください。
辛いから、苦しいからと自分の命からは逃げないでください。

あなたのことを、自分を大切にしてあげてください。

私はこれを肝に命じて生きていきます。

ゆっくりマイペースに自分をメンテナンスしながら。
自分らしく、生きていこうと思います。


疲れてて料理や掃除をしたくない…誰か代わりにやってほしい!

 

そんな時は、

お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSyがおすすめ♪

 

お掃除は希望日時の3時間前まで予約OK!

1時間2,190円!(業界最安値水準)

 

会員登録だけでもしておくと気が楽になるかもしれません(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です