子育てのストレス解消は旦那が鍵!ストレスフリーな子育てをする方法

女の人は、子どもが生まれたら生活が激変します。

ママになります。

朝から晩まで、子どもの都合に合わせて生活をするのだから当たり前ですよね。

でも、男の人はなかなか変わりません。

子どもが生まれても、急にパパにはなれないのです。

子育てで疲れる日々…。イライラの原因は旦那?!

初めての慣れない子育て。

朝、旦那さんが仕事へ行ってしまったら、朝から夜まで子どもと二人きり。

まともに、誰とも会話ができない毎日。

息がつまりそうになりませんか?

私は子どもとおでかけするのは大変だと思い、昼間は家の中にいることが多かったです。

買い物も休日にまとめてしたり、配達を頼んで極力外にでなくていいようにしていました。

でも、そうなると日中は誰とも会話できなくて、息がつまりそうになりました。

ずっと家の中にいてストレスを感じるなら外に出よう!

そう思っても、特に子どもが赤ちゃんの時って二人きりでお出かけするのは大変なんですよね。

おむつ、着替え、ミルク、授乳ケープの用意、離乳食が始まったら離乳食を持っていかなきゃいけない、途中でぐずったとき用におもちゃや絵本・・・本当に荷物が多い!

抱っこ紐がいいかな、ベビーカーがあった方がいいかな。
そんなことを考えていたら、お出かけするのも躊躇しますよね。

子どもが生まれる前は自由に、自分の好きなことをして、お金も自由に使えた。

でも、今は子どものことを最優先。
子どもはかわいい。
毎日、少しずつ成長していく姿も、笑顔も泣き顔も本当にかわいい。

だけど、しんどい・・・。

ゆっくりテレビみたい、ゆっくり寝たい、ひとりになりたい、買い物にのんびり行きたい、ゆっくりお風呂に入りたい。

そんなことを、毎日ぐるぐると考えていました。

1日子どもといると出かけなくても、夜にはクタクタになります。

やっと仕事から帰ってきた旦那・・・!

息詰まってたー!!

この気持ちを聞いてほしくて、一日にあったことを話しても、疲れているのか興味がないのか、いまいち反応が薄い。
なぜかわかってくれない旦那。

子どもと一日中一緒にいられて、自由な時間だらけでいいなと思われているよう・・・。

確かに、子どもの成長を一番最初に見られるし、成長を感じられるのは家にいる母の特権ですけどね。

でも・・・。

子育て疲れでクタクタになった自分を、さらにイライラさせたのがこの旦那の行動でもありました・・・。

子育てイライラ解消法…それは“育児を託せる旦那に変える”こと!

私は、子どもが幼い頃、旦那は新人バイトだと思えと言われました。

ほんとに、その通りです。
ママの大変さは全然伝わっていません。

これくらいはわかるだろうということも、伝わっていないこと、多いです。
だから、育児を手伝おうともしないし、そもそもやり方もわからない。

そんな時は、こちらからあれをしてほしい、これをしてほしいと細かく指示を出した方がいいです。
そうすると、お互いに楽になります。

男の人は急にはパパにはなれません。

赤ちゃんが、ママのおなかの中で少しずつ大きくなっていって、ママも妊娠中から自覚が少しずつ出ていくのとは全く異なります。

ママが、旦那をパパにしていくのです。

子どもを育てるのと同時に、

旦那がパパの自覚を持てるように接してあげればいいのです。

イライラする前に、「これをしてほしい」と言って、やってもらいましょう。
一人の時間がほしいときは、ちゃんと一人の時間をもらって息抜きしましょう。

旦那側も、きっと何にイライラしているのかわからず、ただイライラされているよりは、指示を出してもらってやる方ができるはず。

「ありがとう、頼りにしているよ」と笑顔で伝えたら、きっと旦那も悪い気はしません。

一緒に子育てしてもらえるようになるし、旦那へのイライラも減るでしょう。

子どもの成長も一緒に見て、共有できるようになると思います。

私は、子どもが一人目のときは、ほとんど旦那に頼らずに過ごしていました。

旦那は、仕事の日には仕事のことだけ、休みの日にはゲームしたり寝てばっかり。

そんな姿を見ながら、ずっとイライラしていました。

でも、二人目の子どもが産まれて、いよいよ旦那を頼らないと無理な場面が増え、言葉に出して指示を出すようになりました。

「これが大変だから、あなたにはこれをしてほしい」と口に出すことで、旦那は何をすればいいのかわかるようになったようです。

そして、私も旦那へのイライラやストレスが減りました。

旦那のお休みの日は、休ませてあげたいと思うかもしれない。

でも、ママにお休みはないのです。

「育児の大変さは見たらわかるだろう、きっとわかってもらえるはず」と思うのは大間違いです。
男の人ってわからないらしいです。

感謝の気持ちでストレスフリーに!

子育てしながら、旦那さんをパパに育てる。

慣れない子育てで、パパ育てどころではないかもしれないけれど、早い段階で旦那さんと一緒に育児ができていたら、これからも続く子育ても、ずいぶん楽になる気がします。

そして、旦那さんがしてくれることを当たり前と思わず、

「お仕事頑張ってくれてありがとう、子育ても手伝ってくれてありがとう」

その気持ちを忘れないようにすれば、夫婦関係も円満になるのではないでしょうか?

お互いを尊重し合いながら、夫婦で協力してストレスフリーな子育てをできたらいいな、と思います。


育児に疲れて料理や掃除をしたくない…誰か代わりにやってほしい!

 

そんな時は、

お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSyがおすすめ♪

 

お掃除は希望日時の3時間前まで予約OK!

1時間2,190円!(業界最安値水準)

 

会員登録だけでもしておくと気が楽になるかもしれません(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です