子育ての辛い時期、疲労で救急車搬送!私がワンオペ育児を乗り越えた方法

「子どもは可愛い」
「今は一番可愛いのよ」
「そのうちいつか笑って大変だったわねって言えるわよ」

よく周囲の方々にそう言われませんか?

そんなのわかってるわよ!だけど大変なんだから!!

そう叫びたくなるママさんはたくさんいると思います。

だって私もその内の一人ですから。

そんなママさん達の心の叫び、少しでも共感できたらな・・・と思いペンを走らせていただきます。

子育ての疲れ、取れないですよね?

そもそもみなさん寝られていますか?

「うん!!」と自信満々に答えられる人はきっと少ないはずです。

特に、子どもが小さい時は、授乳、オムツ、夜泣きに空いた時間に家のこと。

専業主婦だって、ワーキングママだって、母は24時間フルタイム勤務ですね。

睡眠は細切れすぎて、疲れなんて取れっこありません。

今一番欲しいのは、誰にも邪魔されない時間です。

ゆっくりお風呂に入りたい。
トイレくらい邪魔するなー!!
なんてしょっちゅう叫んでいます。

だって母だけど、人間だもの。

毎日ちびっ子怪獣戦闘中24H。

世の中のママさん本当にお疲れ様です。

猫の手でも借りたい。

余裕が欲しい。その想いがとてつもなく大きいです。

体力、精神力ともに誤魔化しながら動いています。

それがある日突然にプツンと途切れてしまいました。

子育てで疲れる…。イライラの日々。突然倒れた!

私は、ある日突然倒れてしまいました。

気がついたら救急車に乗っていました。

むりやりごまかしながら動いていたけれど、歯車がかみ合わなくなってしまったみたいです。

まさかこんなことになるなんて、夢にも思いませんでした。

でも、これが自分自身の限界なんだと実感。

ごまかしがいつまでも通用するわけありません。

育児中は、生活リズムが子ども中心になっています。

でも・・・そこはお互い人間です。

母にだって感情があります。

叱らない育児がしたい。
その方針で、ちゃんと出来ているママが本当に羨ましいです。

凄く尊敬しちゃいます。

でも、私にはどうしても難しかったのです。

もちろん子どもは可愛いのに、イライラしてしまう。

そして自己嫌悪に陥る事がしょっちゅうあります。

そんな時、あなたはどうしますか?

私は・・・
叫ぶことにしました(笑)

これがスッキリするんですよ。
大きな声で歌ったり踊ったりします。
はたから見たら変人ですね。
良いんです。

だってスッキリするんですから。

子どもたちはビックリしますが、一緒に踊ってくれます。

変なテンションのままお片づけをします。
まだ下の子(2歳)はわかっていないだろうけど、上の子(3歳)は一緒にお片づけしてくれるようになりました。

ごく稀に、旦那に子どもを任せて(ほぼ無理矢理)近所のカフェに行って息抜き兼グチタイムを設けてます。

それも至福の時間です。

育児をしながら、ママも一緒に成長していけるはず。
そう思って、自分に言い聞かせています。

どんな形であっても、たまには自分の体のメンテナンスをしないと危険です。

子育てストレス、その原因は旦那だった!

いろいろ悩みがありましたが、ある時、私が気がついたのです。

私の本当のストレスの原因。

それは・・・
子どもよりも子どもな旦那の中身にイライラしているのだと。

子どもがイタズラするのは当たり前です。
まだ色々出来ない事があるのも当たり前。

だけどね・・・。

旦那は大人なのです!!

そのくらいは自分で出来るでしょう!

私は旦那のママじゃない!

何回心の中で叫んだかわかりません。

実際、本当に叫んだ回数を数えるのが怖いくらいです。
喉が痛くなるほど叫んだと思います。

救急車で運ばれてからようやく、私は学びました。

また倒れてしまったら、そのとき誰が子どもたちを守れるのか。

家の事何も出来ないままだと家族全員が苦しい事を。

旦那に空気を読んで欲しいと言っても無駄だという事を。

1言ったら10、出来るわけがない事を。

そこで私は、やるべき「タスク」を目に見えるようにしました。

そして、1つずつ、旦那に手伝ってもらうようにしました。

・メモに何時までに○○する。と書いて渡す
・何曜日は○○ゴミの日。と書いて冷蔵庫に貼る
・タイムスケジュールをLINEで送っておく

「目に見えると、具体的に指示がわかりやすくて手伝いやすい」と旦那は言いました。

そもそも手伝いって何よ!!という心の叫びは秘密です(笑)

褒めておだてて伸びるタイプの旦那は、少しずつ家の事が出来るようになってきました。

ママがストレスをためないためには、パパ育てが必要!

子育てと同時にパパ育てが必要です。

私のように、全てを一人で抱え込んでいるママさん!
大変ですが、パパと一緒に子育てが出来るようにパパ育てをしましょう。

子育てスキルレベルを1から地道に上げていきましょう。

レベルアップは経験値が必要です。
まずは、ちょっとずつちょっとずつ。

最初から全部出来る人間なんていません。
ママもパパも、最初からプロなんていないのです。

みんな初心者から始まりました。

ほんの少しですが、私はこれで楽になりました。

毎日怒り、泣いていた私は、少しずつ、笑える時間が増えました。

子育ては辛いけど、パパと一緒に乗り越えよう!

そしてある日、嬉しいご褒美が!

子どもがこっそり、
「パパはママが好きなんだって」
と教えてくれました!

ママが笑顔なら家族も笑顔。

子育ては辛い。

けどパパと一緒なら、その時期もどうにか乗り越えられるはず!

辛い時は、私のように、みんなで一緒に叫びましょう!

無理せずマイペースに頑張っていきましょうね♪


育児に疲れて料理や掃除をしたくない…誰か代わりにやってほしい!

 

そんな時は、

お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSyがおすすめ♪

 

お掃除は希望日時の3時間前まで予約OK!

1時間2,190円!(業界最安値水準)

 

会員登録だけでもしておくと気が楽になるかもしれません(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です